正岡子規の広めた正当俳句の季語の選び方を説明しながら愛媛の俳句を紹介するブログです。

menu

正しい俳句の季語の選び方

桜吹雪を見て詠んだ句

水面の桜

「石橋に 水面に 桜吹雪かな」

満開の桜

一陣の風に舞って

ダンスしているようです。

石橋にも水面にも

やがて花筏となって

川面を埋め尽くします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。