正岡子規の広めた正当俳句の季語の選び方を説明しながら愛媛の俳句を紹介するブログです。

menu

正しい俳句の季語の選び方

「生活」を表現した夏の季語の句4っつ

WS000006

写真の拝借先:http://photohito.com/photo/1889535/

夏の季語のうち「生活」の中から生まれた季語を使って

4っつの俳句を作ってみました。

『一番に 飛び立つ勇気 螢沢』

草の陰で蛍の光がぴかぴかと点滅しはじめます。

一番に飛び立つ蛍はどの蛍?

蛍も一番に飛び立つのは勇気がいるようで。

こちらの句がお気に入りになりましたら応援のクリックお願いいたします。⇒クリック

line_ha17

 

『父子して 超辛口の 冷やし酒』

 

小富士

写真の拝借先:http://kaisenmaru.jp/drink

久しぶりに息子が戻って来て

父子して「この超辛口が旨いうまい」と

夜更けまで話にキリがありません。

こちらの句はいかがでしょう?お気に入りになりましたら応援のクリックお願いいたします。⇒クリック

line_ha17

 

『生まれたての腹青き 揚羽蝶』

日暮れの街角で、生垣に生まれたばかりの

揚羽蝶を見つけました。

そっと、息も掛からないように注意して

覗き込んでみました。

こちらの句はいかがでしょう?お気に入りになりましたら応援のクリックお願いいたします。⇒クリック

line_ha17

 

『朝市の 完熟トマト 写真入り』

最近は生産者の方の顔写真の入った野菜が

産直市場に並ぶのが通例となりましたね。

こちらまでお詠み頂きありがとうございます。お気に入りになりましたら応援のクリックお願いいたします。⇒クリック

 

line_ha17

 

記事が役に立ちましたらランキングの応援をお願いします。


写真俳句 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。